見出し画像

四谷の新ランドマーク/コモレ四谷探索


こんにちは!

宝塚と日本酒をこよなく愛する、menu株式会社広報担当の小林です。

前回に引き続き、弊社オフィスのあるコモレ四谷(CO・MO・RE YOTSUYA)について、その周辺を探索してみたのでご紹介いたします。

なお、オフィスや飲食店などが入った複合施設の名前がCO・MO・RE YOTSUYA、オフィス棟がYOTSUYA TOWERになります。

CO・MO・RE の由来は?
人とつながり、街とつながり、いつでも憩いと賑わいで溢れる施設、という想いが込められた、「木漏れ日」と「COMMON(共同、共通)」による造語


画像2

コモレ四谷の注目ポイントは、低層階部分が一面森に覆われたような緑豊かな景観。


コモレビの広場

画像3

何よりこちら、YOTSUYA TOWERの裏、コモレ四谷の憩いのたまり場、コモレビの広場はオススメ。平日は割と人が少なく、ゆっくり本を読んだり、チルしている方もチラホラ。


花や実をつける植物もたくさんあり、東京の真ん中で四季を体感できます。

人工芝の風合いも気持ちが良く、四谷に来た際にはここを必ず一周して、その日の気合いを注入するのが個人的なルーティンです。

なお、朝はランニングしている方や散歩している方が多くいらっしゃいます。社員にも人気のスポットです。


コモレモール(CO・MO・RE Mall)

画像8

コモレモールは、コモレ四谷の商業ゾーンで、コンビニエンスストア、食品スーパー、ドラッグストア、100円ショップ、クリニック、携帯キャリア、クリーニング店など、様々な業態の店舗が集積しています。

画像6

飲食店を含め、昼夜問わず楽しめるお店が揃っていて、今後も店舗が増えていくようです。


四谷スポーツスクエア

画像4

四谷スポーツスクエアは、新宿区立の多目的施設で、コモレ四谷にオープンしました。利用する際は、WEBで事前に空き状況を確認し、抽選申し込みが必要です。

画像5

多目的ホールは、バレーボール、バドミントン、卓球、ダンス、講演会など、その用途は広く、アップライトピアノと鏡を備えた防音の音楽室もあります。また、会議室も4室完備されていて、ビジネスシーンや勉強会の他、ダンスや演劇の練習などでも利用されているようです。


ザ・レジデンス四谷ガーデン

画像7

北側には、ザ・レジデンス四谷ガーデンがあります。

居住用マンションですね。

現在は全戸完売の模様。


おわりに


四谷は、幅広い世代の声が聞こえる寛容で温かい街、という印象です。
緑も多く、一歩外に出ればリフレッシュできる環境は、オフィスにも最適ですね。

ちなみに、リモートワークがスタンダードになりつつある時代、逆にオフィス環境の意味を考えさせられます…

では、また!


全国の美味しいお店がメニューを開いてお待ちしております。

ダイスキ!
フードデリバリー&テイクアウトアプリ『menu』公式note