「デリバリーグルメ研究会」潜入レポ
見出し画像

「デリバリーグルメ研究会」潜入レポ

ここ1年で、一気に普及が加速したデリバリーグルメサービスですが、なんでもそのデリバリーグルメを研究している人たちがいるんだそう。

聞くところによると、発信力のある食べ歩きの達人たちが、オールスターチームを結成した「食べあるキング」メンバーを迎えて、「飲食店を応援するために、店外でも楽しめるデリバリーグルメの魅力を伝える」目的で、実際にデリバリーグルメを食べながら、議論していく場なんだとか。

今回は、「トレンドグルメ」がテーマ。果たしてどんな白熱した議論が飛び交うのでしょう?早速レポートしていきたいと思います。

【メンバー紹介】
フォリーンデブはっしーさん(https://twitter.com/fallindebu
田中里奈さん(https://twitter.com/riinut
へんグル矢崎さん(https://twitter.com/asobikikaku
ミスター黒猫さん(https://twitter.com/mr_kuronekocafe
すずきBさん(https://twitter.com/suzuki_b
(記事内では敬称略)

トレンドグルメ食べ比べ!

画像11

はっしー:皆さん、今日はお集まりいただきありがとうございます!デリバリーグルメ研究会とは、飲食店の新たな提供方法として注目されている「フードデリバリーサービス」について意見交換を行ったり、テーマを決めて集めた商品を実際に食べながら議論していく会です。

今回のテーマは、ずばり「トレンドグルメ」です。ラインナップはこちら!

①プラントベースワッパー/バーガーキング

画像1

大豆由来の100%植物性パティを使ったワッパー。パティを直火焼きしているため、本物のお肉のようなスモーキーな味わいに。トレンドとなるポイントは「ソイミート」。

②冷やし焼き芋/芋王

画像3

日本全国のさつま芋農家から、選りすぐった旬のさつま芋を冷やして提供。ダイエットにも効果的で、若い女性の間でブームになりつつある。トレンドとなるポイントは「若者人気」。

③タッカンジョン/GAMARO GANGJUNG

画像4

ひとくち大の鶏の唐揚げに、甘辛いタレを絡めた韓国料理。船乗りたちが冷めてもおいしく唐揚げを食べるために作られたのがルーツ。トレンドとなるポイントは「韓国グルメ」。

④ダージーパイ/台北屋台

画像2

台湾の夜市などで販売されており、食べ歩きにぴったり。鶏むね肉を丸ごと揚げた大きさが特徴の通称「台湾唐揚げ」。トレンドとなるポイントは「台湾グルメ」。

⑤ほうじ茶わらびもちミルクティ/わらび餅もとこ

画像5

巣鴨にある和菓子店が開発した、わらび餅入りのミルクティ。太いストローを使って、タピオカ感覚で楽しめる和スイーツ。トレンドとなるポイントは「ネクストタピオカ」。

はっしー:では、あたたかいものから冷めないうちにいただきましょう。まずはダージーパイからスタートです。

画像6

田中:いただきます!うん、ちゃんと温かいですね!

すずき:この大きさが写真映えもしそう。味もスパイシーだし、かなり好きな味付けだなぁ。

画像10

矢崎:同じ鶏肉でもタッカンジョンは一口サイズなのが食べやすいです。この甘辛のタレ、ダージーパイにも合いそう。

すずき:タッカンジョンのほうはチーズが固まりがちな印象を持ったので、届いてから一度レンジで温め直すとさらに美味しくいただけそうです。

はっしー:タッカンジョンは、最近流行っている「ヤンニョムチキン」とも少し似ている気がします。韓国料理はトレンドとしての地位を確立しつつある印象です。

画像7

田中:ワッパーもすごいですね!本物のお肉みたい。ヘルシーなのも嬉しいし、言われないと大豆由来って分からないです。

はっしー:リモートワークが増えて、ボリューミーなものを食べたいけどちょっと罪悪感がある時に…大豆ミートならちょっとだけその気持ちを軽くしてくれそうだね。

画像8

はっしー:このほうじ茶ミルクティ、本当にわらび餅が入ってる!

すずき:タピオカからヒントを得たのかな?ナイスアイデアですね!デリバリーだとストローが刺さっていない状態で届くから、自分で刺すときは中身が飛び散らないように気をつけなきゃ。

田中:和菓子屋さんが監修しているのもいいですね。ちょっと前にスタバにもわらび餅入りのフラペチーノがあったけど、お気に入りだったので違うお店でも飲めて嬉しいです。ほうじ茶もおいしい〜!

黒猫:パッケージもつい写真を撮りたくなるデザインだなぁ。

画像9

はっしー:しかし、焼き芋をデリバリーできるってすごい時代だ(笑)。

すずき:焼き芋はあたたかいイメージがあるけど、これは夏にも食べられそう。これからの季節は、さらに人気が出そうです。

田中:韓国の女の子は、ダイエット中によくさつま芋を食べるそうですよ。日本でもこれからもっと流行るかも。

エンタメとしてデリバリーを楽しもう

はっしー:さてさて、一通り食べ終えたところで、今日の感想タイムとしましょうか。

猫:普段はつい同じものをデリバリーしがちだけど、こうして新しいグルメを食べ比べると選択肢が広がりますね。

田中:今までは一人で手軽に食べたいときにデリバリーすることが多かったけど、みんなでワイワイ食べるのも楽しいなって思いました。私はよくお家で友達とごはん会をするので、そういうときにみんなが好きなものを頼んで食べ比べすると盛り上がりそう!

画像13

はっしー:たしかに、ひとりで頼むのもいいけど、友達と家で集まったときも活躍してくれそうですね。みんなで分け合えるからちょっと失敗しても安心だし(笑)。

黒猫:ご時世的に、お店に行くのは気が引ける場合も、デリバリーなら気軽に注文できてありがたいですしね。

すずき:見た目も楽しめるとさらに注文する方の満足度が上がりそう。どんな器で届くんだろう?とか、デリバリーグルメならではのこだわりとかが見えるとワクワクします。

矢崎:僕は、せっかくなら、オリジナルのアレンジもしていきたいなと思いました。今回だと、冷やし焼き芋にバニラアイスを乗せたり、ダージーパイに甘めのタレをかけてみたり。複数店舗の料理を組み合わせたりするのも面白そうですよね!

はっしー:カレーの人気店とトンカツの人気店をデリバリーして、最強のカツカレーを誕生させるとか…!?

すずき:そういうことが手軽に叶っちゃうのもきっとデリバリーグルメのよさでもあるよね。

黒猫:デリバリーグルメの需要はこれからも高くなると思うから、こうやっていろんな人と情報交換できるのはとても意義があることですよね。

はっしー:ちなみに、みなさんはデリバリーグルメサービスをどれくらいの頻度で使いますか?僕はかなりのヘビーユーザーです(笑)。

画像13

黒猫:僕は3月だと20回ほど利用しています。緊急事態宣言中は飲食店が20時に閉まってしまうので、夜に利用することが多かったですね。

田中:私も普段からよく利用するんですけど、野菜をたくさん食べたいときにサラダをよく頼みます。ボリュームたっぷりで満足感があるお店がたくさんあるし、トッピングやカスタマイズもできるのが嬉しいです。

黒猫:僕なんて、家から徒歩3分にあるくせに王手の牛丼屋さんを頼んでしまいがちです(笑)。3分で着くのにって分かっていながら、つい。あとは、応援の意味も込めて今までイートインで利用させてもらっていたお店のデリバリーグルメもよく頼んでました。

すずき:よく行っているからこそイートインとのクオリティにどれくらい違いがあるか気になって結局頼めていないです。あと、ラーメンってどうなんでしょう?頼んだことがある人はいますか?

はっしー:つけ麺なら頼んでいます。麺類は、生麺と茹で麺を選べるお店もありますよね。流水で麺をほぐせるように工夫されていたり、薬味をたくさん頼めたり、デリバリーの特徴を活かしたお店が増えてきつつある印象です。

矢崎:みんなのデリバリーグルメ事情を聞くのって、なかなか楽しいですね。

はっしー:またぜひ違ったテーマでも開催しましょう!参加してくださった皆さま、ありがとうございました!

【店舗紹介】
バーガーキング 高田馬場店(注文はこちら
無添加熟成焼き芋 『芋王』(注文はこちら
GAMARO GANGJUNG(注文はこちら
台湾九芋圓(注文はこちら
わらび餅もとこ 巣鴨本店(注文はこちら

編集:岡田隆太郎 撮影:高橋団 執筆:山越栞

全国の美味しいお店がメニューを開いてお待ちしております。

ダイスキ!
フードデリバリー&テイクアウトアプリ『menu』公式note