舞台女優から広報へ/未経験からキャリアチェンジした24歳の話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

舞台女優から広報へ/未経験からキャリアチェンジした24歳の話


皆さん、はじめまして!

宝塚と日本酒をこよなく愛する、menu株式会社広報担当の小林です。

2020年8月に入社したばかりの新米です。

Twitterも絶賛更新中ですので、よろしくお願いいたします。


略歴:自己紹介

私は、中高生時代、宝塚の舞台に立つことを夢見ていました。

平日は5時間、休日は8時間におよぶ厳しいレッスンを5年間続けましたが、夢を叶えることはそう簡単なことではなく、高校2年生の3月に人生初の挫折を経験しました。

高校3年生の春が過ぎ、夏が終わり、“このままじゃダメだ”と、気持ちを新たに大学受験の勉強を始めました。

青春のすべてを宝塚受験に捧げていたので、大学受験は予想外の出来事でしたが、約半年の猛勉強の末、無事進学することができました。

それからは、新たな目標を探し、アルバイト、インターン、短期留学、様々なことに挑戦しましたが、大学生活はあっという間で、気付いたら就活の時期に。

画像1

(ボストン留学より)

それでもふと、自分はいったい何がしたいのか考える度に、舞台に立ちたい想いが頭をもたげました。

そして、自分にはやっぱりこれしかないと、半分執念で芸能の道に進んだのです。それから約2年間、舞台女優やキャスターをメインに活動しました。

画像2

(博多座・明治座公演『ふるあめりかに袖はぬらさじ』より)

“舞台に立てた”

“憧れが現実になったんだ”

これが人生初の成功体験です。

ところが、もっと頑張っていこうと思った矢先、新型コロナウィルスの影響で出演が決まっていた舞台のほとんどが公演中止になりました。

舞台の醍醐味は、劇場というリアル空間で役者の生気を体感できる点。

途方に暮れました。


それでも、これまで当たり前にできていたことができなくなった一方で、だからこそ今ある状況を全力で生きないといけないとも思ったのです。

しかし、社会人経験のない第二新卒の就活には高い壁がありました。
年齢的には第二新卒でも、企業で働いたことはないから新卒扱い?そもそもどの職種?自分に何ができる?などなど考え、オープンポジションで積極的に応募しました。

とにかく何も分からなかったけれども、逆転の発想で、何も持っていないからこそ何でもできるような気がしてきたのです。

こういうポジ転が、私の強みのひとつだと思います(笑)

オープンポジションとは、応募する際に特定の部署や職種を選ぶ必要のない選考形式です。
選考では、決まった分野のビジネス経験を問われることは少なく、代わりに個人のスキルや適性などが採用の基準となります。

カジュアル面談で多くの企業の方々とお会いしていく中、menu株式会社の広報ポジションのお話をいただきました。
その瞬間、これだ!きっと自分の経験が活きる仕事ができる!と心が躍りました。

そうして、未経験の私が広報になった次第です。

また、私が広報第一号ということで、まだ広報機能やメンバーも揃っておらず、人事部に所属しながら社内唯一の広報として日々奮闘しています!

会社や人のこと、ビジョンやカルチャーについてインプットしながら、できることから前向きに!今この時間を大切にしながら成長を!のマインドセットで、現在は入社して約4ヶ月が経ち、こうしてnoteで記事を書いています。


なお、面接のときに「完全実力主義を掲げているので、未経験だからといって雑務や庶務ではなく、最初から純度の高い業務をお渡しします」と聞いていました。

正直最初は半信半疑だったのですが、蓋を開ければ、本当でした。
手を挙げればすぐ実践できる環境は、チャレンジ精神旺盛な私には結構合っていて、 非常にやりがいを感じる毎日です。

IMG_2229_のコピー

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後も、menuがどんな企業なのか、menuに携わる人たち、事業について、ありのままに広く報せていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。


では、また!


全国の美味しいお店がメニューを開いてお待ちしております。

ダイスキ!
フードデリバリー&テイクアウトアプリ『menu』公式note